土地売却のメリットとデメリット

土地売却のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。
現金化することによって、資産を組み替えることができるのが土地売却のメリットです。
有効に売却した資金を使用すると、支出や収入の改善にその後につなげることが可能です。
家 売却 高額査定借金を返すことによって、利子負担がその後に無くなります。
外貨建て資産や株式を購入することによって、収益をアップすることもできます。
売却した資金によって、従来よりもいい立地の不動産を購入することもできます。
子供が家を出ていったため、少し狭くてもいいので都心の近くで暮らしたい、あるいは自己資金をプラスして都心近くで広さが同じ土地を購入したい、いい立地の土地を購入して高い収益性を確保したい、というようなことが可能になります。
土地を持っていることによってかかる税金を、軽くすることができるのが土地売却のメリットです。
土地を売却するため、都市計画税や固定資産税の負担が無くなります。
売却した資金によって、相続が生じた場合の納税のための資金の確保ができます。
基本的には、売却した資金も相続する財産になるため、相続税自体は多くなりますが、納税は非常にしやすくなります。
土地売却のデメリットとは?一方、土地を売却するため、当然ですが、土地から獲得できる収益が今後はないことがデメリットです。
また、土地が1億円で売却できた場合でも、そのまま1億円の現金が入手できるわけではないため、別の資産へ組み替えしたいと思っている場合には注意することが必要です。

ページの上部へ